流行語大賞2020大予想|どれが選ばれる?話題性から検討してみた

流行語大賞にノミネートされた30語のうち、どれが大賞に輝くのか、トップテンに入るのはどれなのか、話題性から予想してみました。

11月5日に『現代用語の基礎知識選 2020ユーキャン新語・流行語大賞』のノミネート30語が発表になりましたね。

ノミネート30語の中には『アベノマスク』、『Zoom映え』や『PCR検査』など、新新型コロナウイルス感染症関連のワードが多く見られました。

さて、この今年がどんな一年だったのかを印象付ける『流行語大賞』、とても気になります。

少し気が早いですが、流行語大賞にどのどれが選ばれるのか予想したことを書いていきます。

現時点ではこの記事は速報的なまとめに留まります。情報収集しながら予想の精度を上げ、記事を随時更新したいと思います。
スポンサーリンク

流行語大賞2020大予想!話題性から検討

話題性を検討するための条件の設定

話題性のバロメーターとしてgoogleと日本経済新聞電子版の2つの検索結果を利用しました。

①googleの条件検索

条件:2020年1月1日~10月31日の期間、完全一致で検索

②日本経済新聞電子版の掲載件数の条件検索

条件:2020年1月1日~10月31日の期間、日経新聞電子版内のページを完全一致で検索

なお、『オンライン◯◯』と『顔芸/恩返し』、『香水』は一般的なワードを含み検索結果が突出してしまったため、今回の検討結果から除外しました。

話題性から順位付けする方法

  • ①、②のそれぞれの結果を順位付けし、順位の平均を取る
  • 順位の平均値が同じ場合は①、②のうち、高順位の結果が得られた方を上位とする

結果

番号
ノミネート30語
google検索結果
日本経済新聞掲載数
平均順位 総合順位
件数 順位 件数 順位
1 愛の不時着

/第4次韓流ブーム

135,000

/1,060

18 142

/0

12 15.0 14
2 新しい生活様式

/ニューノーマル

349,000

/3,450,000

11 459

/30,600

1 6.0 4
3 あつ森 6,640,000 6 204 11 8.5 9
4 アベノマスク 126,000 19 42 16 17.5 17
5 アマビエ 209,000 15 51 15 15.0 14
6 ウーバーイーツ 245,000 14 290 10 12.0 11
7 AI超え 1,210 27 0 23 25.0 27
8 エッセンシャルワーカー 20,100 22 61 14 18.0 19
9 おうち時間

/ステイホーム

18,500,000

/4,510,000

3 7,630

/184

3 3.0 1
10 オンライン◯◯
157,000,000 55,700
11 顔芸

/恩返し

60,500

/4,200,000

3

/399

12 カゴパク
5,150 25 0 23 24.0 25
13 鬼滅の刃
62,800,000 1 1,930 6 3.5 3
14 クラスター
10,500,000 5 1,860 7 6.0 5
15 香水
41,100,000 23
16 Go Toキャンペーン
161,000 17 115 13 15.0 14
17 3密(三つの密)
4,190,000 9 2,050 5 7.0 7
18 自粛警察
48,400 20 17 18 19.0 21
19 Zoom映え
3,380 26 0 23 24.5 26
20 総合的、俯瞰的 5,900 24 0 23 23.5 24
21 ソーシャルディスタンス 5,570,000 7 714 9 8.0 8
22 ソロキャンプ 173,000 16 5 20 18.0 19
23 テレワーク

/ワーケーション

15,900,000

/150,000

4 22,500

/1,110

2 3.0 2
24 時を戻そう(ぺこぱ) 11,000 23 0 23 23.0 23
25 NiziU(ニジュー) 5,170,000 8 10 19 13.5 13
26 濃厚接触者 296,000 12 720 8 10.0 10
27 BLM(BlackLivesMatter)運動 23,200 21 5 21 21.0 22
28 PCR検査 3,630,000 10 4,740 4 7.0 6
29 フワちゃん
281,000 13 2 22 17.5 17
30 まぁねぇ~(ぼる塾) 
18,700,000 2 0 23 12.5 12

上記の表の総合順位より、流行語大賞およびトップテンを以下の予想としました。

1.おうち時間/ステイホーム

2.テレワーク/ワーケーション

3.鬼滅の刃

4.新しい生活様式/ニューノーマル

5.クラスター

6.PCR検査

7.3密(三つの密)

8.ソーシャルディスタンス

9.あつ森

10.濃厚接触者

と言うことで当方の予想では流行語大賞は『おうち時間/ステイホーム』となりました。

スポンサーリンク

おわりに

今回は話題性からgoogleや日経新聞のワード検索数を参考にして、流行語大賞の予想を立てました。

感覚的には『Go Toキャンペーン』もトップテンに入りそうな気がします。

みなさんはどのように予想されているでしょうか。

流行語大賞の発表される12月1日が楽しみですね。

話題
スポンサーリンク
暮らしマイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました