美ら海水族館の混雑状況は?再開後に実際に行ってみた(2020年6月)

自然

2020年6月1日(月)に美ら海水族館の営業が再開されました。

4月7日の臨時休館から約2ヶ月ぶりの開館になります。

再開後の最初の日曜日である6月7日(日)に美ら海水族館を訪問しましたのでその様子を記事にしました。

現地調査による混雑状況や新型コロナウイルス感染拡大防止策などの写真を掲載しております。

これから美ら海水族館に行ってみたい方の参考になれば幸いです。

  • 6月1日から美ら海水族館は再開
  • 混雑はしていない(6/7調査実施)
  • 徹底した感染症対策
  • マスク着用必須(未着用者は入館を断られる)
  • 6/19以降は混雑する可能性大
スポンサーリンク

美ら海水族館の混雑状況

6/7(日)の混雑状況について

6/7(日)の9時頃に駐車場に到着。

9時過ぎから11時頃まで美ら海水族館を散策しましたが、ゆったりと回ることができました。

写真で見ていきましょう。

まずは駐車場です。

立体駐車場3階の様子↓

2階は20~30%くらいの駐車率と思われます。

3階はガラガラスカスカ。

水族館への道も人の姿はほとんど見られません。

『黒潮の海』ゾーンにも人がまばら。

入館から11時頃まで散策しましたが、貸し切りに近い状態でした。

ゆっくりお魚観察をするにはちょうどいい機会かもしれません。

最新の混雑状況を知るには?

『美ら海アプリ』から最新の混雑状況を知ることができます。

美ら海アプリダウンロードのページ

この『美ら海アプリ』は優れモノで、施設のマップや生き物の図鑑も付属しており、館内散策にはもってこいのアイテム。

また、AI図鑑『LINNE LENS』にもアクセスでき、スマホをお魚にかざすと魚の名前や概要を知ることができます。

アプリを起動してお魚にかざすと名前が表示されます。

お魚をタップするとお魚の情報が得られる優れもの。

なお、かなり優秀なAIですが、時々ミスもあるようです。

小さな岩を100%オコゼと判定していましたよ。

ですがかなり楽しめそうなアプリです。

余談ですが、水槽清掃のダイバーさん、大きい魚に睨まれて怖くないのでしょうか。

手を振るとリアクションしてくれるダイバーさん^^

スポンサーリンク

美ら海水族館の新型コロナウイルス感染拡大防止策

新型コロナウイルス感染拡大防止策(注意点)

入館時はマスク必須です。

入館時、行列ができる場合は足元のマークに従って間隔を広くとって並ぶ必要があります。

館内ではスタッフがお客様どうし密にならないよう呼び掛けています。

その他の入館時の注意点については下記に細かくまとめました。

是非ご参照ください。

美ら海水族館2020|営業再開で入場規制はある?混雑状況もチェック
美ら海水族館および周辺の関連施設が感染症防止対策強化の上、6/1(月)から開館しました。2ヶ月間の臨時休館を経て、ようやく開館したものの、入館する際に注意点が多数あります。今回、感染防止対策の状況、入館にあたっての制限や注意点、周辺施設の会館状況についてまとめました。

新型コロナウイルス感染拡大防止策(実際の様子)

入口から順を追って感染拡大防止策の様子を掲載しました。

まずはエスカレーター手前の広場です。

足元に立ち位置を示すプレートがあります。

エスカレーター脇にはソーシャルディスタンスを促す表示と中止のプログラム案内がありました。

水族館正面入り口です。

こちらも床にプレートが貼ってあります。

入り口に注意点が掲示されていました。

マスク着用必須との表示あり。

入口に入るとリモートで体温を検温できるシステムが導入されていました。

下の写真の左上のデスプレイに自分の映像が映り、映像の中に体温が表示されています。

チケット売り場も当然“密”対策がされています。

触って楽しむ展示はすべて利用できませんでした。

ソーシャルディスタンスの表示は美ら海水族館ならではです。

マンタの幅は2mなんですね。

深海の水温体験もできません。

タッチパネル式のクイズは当然利用不可。

プログラム中止の案内が入口と出口付近にありました。

冷水器が使用禁止になっていました。

かなり徹底した対策だと思います。

スポンサーリンク

おわりに

約2ヶ月ぶりに再会した美ら海水族館ですが、現状では混雑していないようです。

ただ、駐車中の車のナンバープレートを確認するとレンタカーは皆無。

ほとんどが沖縄県民のようです。

6/19からは県をまたぐ移動も解除されますので、観光客がどっと押し寄せるかもしれません。

徹底した新型コロナウイルス感染拡大防止策がとられているので安心ですね。

くれぐれもマスクをお忘れなく。

 

自然
スポンサーリンク
暮らしマイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました