[自宅でストレス解消お手軽5選]テレワーク・外出自粛を乗り切ろう

Stay Home

新型コロナウイルス感染症予防で外出自粛(Stay Home)が叫ばれる中、テレワークが増えてきました。

通勤のない生活から解放された喜びもつかの間、なれないテレビ会議や表情のわかりづらい相手とやりとり、長時間のデスクワークではどうしてもストレスが溜まってしまうもの。

そこで今回、テレワーク中に自宅でできるお手軽なストレス解消法を5つ紹介します。

スポンサーリンク

自宅でできるストレス解消法 お手軽5選

ストレス解消法を表でまとめつつ、それぞれバロメーターを設定し、評価してみました。

まとめ表の下方にバロメーターの説明がありますのでご参照ください。

また、具体的な方法はさらに下の方にありますのでよろしかったらご覧くださいね。

自宅でできるストレス解消法 お手軽5選まとめ表

解消度 手軽度 静穏度 総合評価
ストレッチ系 のびをする
体操系 ラジオ体操
エクササイズ系 ズンバ
グッズ系 パンチバッグ
声出し系 カラオケ

 

バロメーターの説明

主観になりますが、下記の3つのバロメーターを設定し、3段階評価で比較してみました。

解消度

特に重要です。やっぱりストレス解消に効果が高い方がいいですよね。

手軽度

テレワークの合間のちょっとした時間に行いますので準備が楽ですぐにでも始められるかどうかポイントです。

静穏度

案外見落としがち。住居が戸建ならいいのですが、アパート・マンションだと音が隣家に伝わってしまって思わぬトラブルになることがあります。静かであればあるほど◎。

さて、具体的な内容と方法を見ていきましょう

自宅でできるストレス解消法 具体的な内容と方法

ストレッチ系(のびをするなど)

思い思いのストレッチ方でいいと思います。

ですが、忘れがちな足のふくらはぎのストレッチです。テレワークに限りませんが、デスクワークしていると知らず知らずのうちに足の血流が悪くなってしまうもの。

そこでイスに座ったままできるふくらはぎ周りのストレッチのご紹介です。

  1. 足の甲を伸ばし、つま先立ちの姿勢にする(5秒程度そのまま)
  2. ゆっくり足を戻し、足の裏全体を床にべたっとつける(5秒程度そのまま)
  3. つま先を持ち上げるように立てて、かかとで立つ姿勢にする(5秒程度そのまま)
  4. これを3セット程度繰り返す

ふくらはぎがすっきりして若干むくみも取れます。

お金もかからないし、お手軽でいいですね。

ですがモヤモヤまでは解消できないのでストレスの解消度は『△』としました。

よって、

  • 解消度:△
  • 手軽度:◎
  • 静穏度:◎
  • 総合評価:〇

体操系(ラジオ体操など)

ネット配信の動画に合わせてもいいと思いますが、おススメはラジオ。

時間が決まっているので切り替えにちょうどいいです。

最近まで私も知らなかったのですがラジオ体操って6:30以外の時間帯もやっているんですね。

  • 6:30~6:40(NHKラジオ第一)
  • 8:40~8:50(NHKラジオ第一)
  • 12:00~12:10(NHKラジオ第二)
  • 15:00~15:00(NHKラジオ第二)

テレワーク中なら休憩時間の設定におススメ。

15:00からは午後のダレてくる時間帯にぴったりかも。

ただ注意しなければならないのは音と振動。

ボリュームやジャンプした際の振動に配慮が必要です。

  • 解消度:〇
  • 手軽度:〇
  • 静穏度:〇
  • 総合評価:◎

エクササイズ系(ズンバなど)

最近流行のズンバが一番おすすめ。ネット検索すると動画がたくさん見つかります。

リズミカルな音楽に合わせて体を動かすので体はもちろんのこと頭もすっきりします。

他にはビリーズブートキャンプが有名ですね。

インストラクターの方がネット配信している動画もあるのでネタは尽きません。

ただ熱中し過ぎると汗だくになってしまうので、仕事終わりのストレス解消にいいかもしれません。

こちらもラジオ体操同様にボリュームやジャンプした際の振動に配慮が必要です。

男性であれば筋トレも効果的ですよね。こちらの部類にはいるのかな。

  • 解消度:◎
  • 手軽度:△
  • 静穏度:△
  • 総合評価:△

グッズ系(パンチバッグなど)

ストレス解消グッズがいろいろ出されていますね。

一番のおすすめなのは『パンチバッグ』。

ビニール製の円筒状の人形みたいなもの。

パンチやキックで倒してもおきあがりこぼし風に元に戻ります。

しかも使わないときは空気を抜けばコンパクトに収納できて便利です。

価格は3,000円程度と良心的。

仕事で溜まったストレスをパンチバッグに思いっきりぶつけてみてはいかがでしょうか。

ただ、お金がかかることと、音の発生が難点。

  • 解消度:◎
  • 手軽度:△
  • 静穏度:△
  • 総合評価:△

声出し系(カラオケなど)

大声を出すって、気持ちいいですよね。

仕事でうっぷんが溜まったら飲み会からのカラオケが定番でした。

自宅でカラオケは音が出るので難しいですが、便利なグッズもあります。

それが『防音マイク』。

メガホンの逆の形をしていて、メガホンのコーンの広い側に声を出すイメージ。

防音と言っても完全防音ではなく、多少音が漏れてしまうのが難点。

お金もかかります。

よって、

  • 解消度:◎
  • 手軽度:〇
  • 静穏度:△
  • 総合評価:〇

自宅でできるお手軽ストレス解消法 おまけ

東京都オリンピック・パラリンピック準備局の運営するサイト『スポーツTOKYOインフォメーション』では自宅で気軽にできる運動を紹介しています。

こちらのページも是非ご覧ください^^

スポーツTOKYOインフォメーション公式ページ

URL:https://www.sports-tokyo-info.metro.tokyo.lg.jp/stayhome_enjoysports.html

外出自粛やテレワークの中、なかなか体を動かすことがムズかしいですよね?
おうちにいても、運動はできます!
ここでは、家で気軽に取り組むことができる運動をご紹介します。
気軽に始めて、楽しく、おうち時間を過ごしましょう!(公式HPより)

スポンサーリンク

終わりに

いかがだったでしょうか。

ストレス解消法をまとめてみると外出自粛でテレワークしても何とかやっていけそうな気がしてくるので不思議です。

同じ環境、同じ姿勢、パソコンメインの環境だとほんとストレスが溜まりますよね。

複数のストレス解消法を組み合わせて、テレワークをエンジョイできればと思います。

外出自粛生活が続きますが、自宅を最大限活用して乗り切りましょう!

Stay Home
スポンサーリンク
暮らしマイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました