500円玉貯金|いくら貯まったのか調べる方法(50万円貯まるBANKの場合)

500円玉貯金を始めて、ある程度重量感が出てくると気になるのは『いくら貯まったか』ですよね。

500円玉貯金は貯金期間がとても長いです。

例えば50万円貯まる貯金箱の場合、毎日1枚、毎月30枚(1.5万円分)の500円玉を投入したとしても3年弱はかかります。

100万円貯まる貯金箱の場合はその倍の6年弱。

途方もないですね。

途中経過的にいくら貯まったか知りたいものです。

今回、現在の貯金額を推定する方法を紹介します。

関連記事

不動産の原資の貯め方①|誰でもできる貯金のコツと浪費癖撃退法(500円玉貯金)

スポンサーリンク

500円玉貯金の貯金額の調べ方と結果

今回試した方法以下の3つ。

  1. 直観で推定
  2. 高さを測る方法で推定
  3. 重さを測る方法で推定

直観で推定

乱暴すぎますが、やはり勘は大事です。

結論から先に。

直観で推定した結果:8万円

この結論に至るまでの経緯。

貯金箱をただ凝視しても勘は働かないので次のことを試しました。

まず、持ってみる。

→思ったよりずっしりきます。メロンの重さくらい?

次に、覗いてみる。

→底より少し上くらい。重さほど貯まっていない。がっくり><

最後に、思い出してみる。

→月に1~1.5万くらいは投入した気がする。ということは・・・。

ということで8万円と推定しました。

2.高さを測る方法で推定

こちらも結論から先に。

高さを測る方法で推定した結果:10万円

下記の方法で高さを測りました。

まず、口の幅にあう厚紙を短冊状に切ります。

次に口から差し込んで、厚紙にマーキング。さらに貯金箱の高さに合わせてマーキング。

貯金箱の高さ13.0cmに対し、500円玉の高さは2.6cm。

なので、

50万円×2.6cm÷13.0cm=10万円!

直観よりも多い。嬉しいですね。

さて次は

3.重さを測る方法で推定

同様に結論から。

重さを測る方法で推定した結果:85,500円

計算式は

(現在の重量-空の貯金箱の重さ)÷500円玉の重さ

(1,438g-240g)÷7g×500円

=171枚×500円

85,500円

高さ測る方法よりも信憑性がありそう。

あながち直観も悪くはない。

結論としては8~9万円でしょうか。

なお、500円貯まるBANKの空の重さを測っていなかったので他のホームページを参考しています。

また、500円玉の重さも同様です。

500円玉の重さについては貯金箱に入れずにストックしておき、ある程度貯まったら自分でも調べてみたいと思います。

感覚的には付着した手垢の重さ分、重くなっているんじゃないかな~と思いますが、いかがでしょうか。調べるのが楽しみです。

スポンサーリンク

おわりに

500円玉投入を開始して半年が経過したタイミングで50万円貯まるBANKの貯金額を確認しまた。

実際には開けてみなければわかりませんが、推定では現在8万~9万円くらい貯まっているようです。

現状ペースで行けば50万円貯まるのはあと2年半。

トータルで3年で50万円を貯めることができます。

とても楽しみです。

スポンサーリンク

余談

貯金箱から500円玉を抜けるか試してみたところ、投入口のサイズが小さくなっていたため失敗しました。

投入口に厚紙を入れると500円玉が抜け落ちるスペースがなくなり、500円玉を抜くことができませんでした。

昔のタイプと投入口のサイズが変わったのでしょうか。

ですが、貯金箱から500円玉が抜かれることがなくなり助かります。

不動産
スポンサーリンク
暮らしマイン

コメント

タイトルとURLをコピーしました